« 青単 銀獅子オペラ不能極 | トップページ | カードショップミナミ限定構築戦 »

緑白 セカンド限定構築ver

ユニット<27>
 スコーピオンマスター*3
 
犬闘士ケルベロス*3
 
妖魔の勇者*3
 
サウンドマスター・エンジェル*3
 スターフォール・ペガサス*3

 
象砲手バルカン*3
 
バタフライマスター*3
 
犬闘士チワワ*3
 煌く鋼糸の乙女*3

ストラテジー<10>
 ケイオス・ハンド*2
 
伝説に抗う手*2
 誕生の宴*3
 
ペガサス・スパート*3

ベース<3>
 彷徨う山脈*3

<解説>

S「カードショップミナミ限定構築予選使用デッキだ!」
 「ちなみに戦績は4勝1敗(身内トス)だ!」

M「……また、なんというか斜めったデッキですね…

S「何おぅ!どう見ても普通の緑白だろうが!

M「8コスト6枚積んどいて普通とか言うな!!
 「
ゴッドルドルフでもないのに何ですかこの8コスト群は?

S「いや…まて…こいつらは実は結構強いんだぞ!?」
 「同種族が入れば出したターンに移動→リリースするからそのまま殴れるし」
 「ケルベロスなんかスマッシュ回復まで出来るんだよ!?」

M「う…そう言われるとちょっと使える気がしてきましたよ」

S「だろ?」
 「誕生の宴、バタフライマスター、象砲手バルカンで結構ブースト出来るから6ターン目くらいに普通に出して歩き出すのは強いよ」
 「相手もまさかこんなの出てくるとか予想もしてないだろうしね」
 「意表突くのは大事だよ!

M「あぁ…結局はその『意表突く』理論なわけですね…(苦笑」
 「スターフォール・ペガサスや伝説に抗う手なんかも『意表を突く』カードなわけですか?」

S「うん、両方とも結構活躍してくれたよ」
 「スターフォールはエネルギーを大量に残してターンエンドすると相手ターンに歩き回って相手の動きを邪魔してくれるのが強かった」
 「通常構築でも十分活躍できるレベルのカードだと思うよ」

 「伝説に抗う手も要所でいい活躍をしてくれたね」
 「特に敵ユニットの後方に敵妖魔の勇者なんてパーティを1発で吹っ飛ばせるのは強かった」
 「こっちはバタフライマスターとかいらないユニットを除去すればいいだけだからね」

M「限定構築なら十分活躍できるレベルだと?」

S「そうだね、むしろケイオス・ハンドの方が使わなかったくらい(笑」

M「うぅ…ん、それはそれで何か違う気が…」

S「なぁに、結局はブン回したら勝ちだよ、緑白なんてデッキわ」

M「結局その理論に行き着くんですね(苦笑

|

« 青単 銀獅子オペラ不能極 | トップページ | カードショップミナミ限定構築戦 »

デッキ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑白 セカンド限定構築ver:

« 青単 銀獅子オペラ不能極 | トップページ | カードショップミナミ限定構築戦 »