トップページ | 2006年12月 »

青赤 火/氷

ユニット<27>
 クリムゾン・ビューティ*3
 魔甲トレイン地龍*3

 金砂の魔女*3
 
ステルス・スナイパー*3
 センチネル・センチピード*3
 銀砂の魔女*3
 衣服商人スワロー・ポール*3
 サンダーリザード*3
 粉雪の魔氷パウダー・スノー*3

ストラテジー<10>
 パラドクス・ストーム*1
 
ノヴァ・コマンド*3
 トロール流砲撃術*3

 バードマン・ソウル*3

ベース<3>
 流氷の大陸*3

 
<解説>

M「で…なんですか、この怪しさ満点のデッキは?」

S「え?何ってクリムゾン・ビューティデッキ」

M「GP4のデッキも組まないで何をやっているかと思えば!」

S「やー、前にパブリックで『クリムゾン・ビューティを使ってデッキ組めないか?』って話になってね」
 「思いつきで組んでみました!」

M「はぁ…(タメ息」
 「つくづくビルダーですねぇ…」
 「で、どうやって回すんです?」

S「えーっとね」
 「まずは6ターン目までに流氷の大陸を配置する」
 「その時までに相手にあまり展開されていないのが望ましい」

M「そこはパウダー・スノーなんかで相手を牽制するわけですね」

S「そうそう」
 「で、6ターン目に金砂の魔女を流氷の大陸で場に出す」

M「あ!…そして金砂の魔女の能力でクリムゾン・ビューティを流氷ラインに出すわけですね」

S「正解!後はその流氷ラインにドカドカユニット並べていけばOK」
 「中央エリアでも全てのユニットが2スマッシュ以上になるから中々ヤラしいよ」

M「魔甲トレイン地龍とかヒドイですね」
 「クリムゾン・ビューティラインに流氷で出せば最大5スマッシュですか…(汗」

S「普通にステルス・スナイパーやセンチネル・センチピードでも2スマッシュ決めながら相手ユニットを排除できるのが強い」
 「ストラテジーは金砂&銀砂の魔女と相性の良いトロール流砲撃術」
 「それとクリムゾン・ビューティのいる流氷ラインを守るためにノヴァ・コマンドを採用してみました」

M「おー、なんか結構回りそうですね」

S「いやー、実際はそううまくはいかないんだけどね」
 「使ってみた感触はそこそこ強いファンデッキレベルかな」
 「流氷は水底の歌劇場の方がいいかもしれない」
 「流氷は色拘束を無視できるが強いんだけどねー」

M「ま、クリムゾン・ビューティに活躍の場はありそうですし、いいんじゃないですか?」
 「で、次こそはGP4関連のデッキなんですよね(ニッコリ」

S「ゔ…善処します…(滝汗」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カードショップミナミ限定構築戦

S「寝屋川はカードショップミナミで行われた限定構築予選行ってきました」

M「自分は抜けてるから身内トスですね」

S「そうそうフィン君、モリエルさん、おやじさんのトスが目的」
 「後はフ・フーンダのプロモ版もお目当て」

M「前の小さくて大きな力は微妙でしたが、今回のフ・フーンダはいいですね」
 「萌え系のイラストではなく普通にカワイイのが好感触です」

S「でしょ、さすがに普通のフ・フーンダはデッキに入れ難いんだよ…」

M「…って、そんなことより予選ですよ」
 「デッキは前回紹介した白緑のデッカイデッキですけど」
 「内容はどんなもんだったんですか?」

S「OK、OK」
 「それではモンコレファイト!デッK…

M「違う!

 
 
1回戦 対戦相手:白単

 序盤から誕生の宴を皮切りに順調にエネルギーを増やし軽快にビート。
 相手もユニットを展開してくるもこちらより微妙にサイズが小さい。
 その隙に象砲手バルカン、サウンドマスター・エンジェル、妖魔の勇者、とガンガン並べる。
 と思ったら相手がホーリーバスタードで対抗。
 うーん、マズイ…ベースが配置できていないのでサイズで全てのユニットが負けているし横から抜けようにもフリーズしてしまう。
 バスタードが前に出てくるとマズクねー?と思っていたら相手は除去されるのを恐れたか前に出てこない。

 ……チャーンス!

 そのまま殴りきって勝ち。

 3点/3点

 
2回戦 対戦相手:赤黒

 序盤から相手に呼び声が並ぶ。
 このまま展開されるとマズイ。
 しかし、微妙に相手のサイズが小さい…と、いうか呼び声しか並ばない。
 これ幸いと煌く鋼糸の乙女で牽制しつつユニット展開。
 相手の軽量除去ストラテジーはチワワでカット。
 そのまま彷徨う山脈も配置してユニットのサイズ差で押し切って勝ち。

 3点/6点

 
3回戦 対戦相手:黒単

 今回のトス対象であるフィン君。
 D-0界最速の試合発動!負けw

 0点/6点

 
4回戦 対戦相手:赤緑

 身内をトスしにきた身内ことゆう君。
 ここで私らが当たっちゃダメでしょー(苦笑

 呼び声からウィニーっぽく展開する相手。
 しかし、こちらは開始3ターンで全ての煌く鋼糸の乙女を引くゴッドドロー。
 さらにチワワで相手のストラテジーを封じ、散々煌く鋼糸の乙女で場を荒らして後はサイズ差で押し切り終了。

 3点/9点

 
5回戦 対戦相手:青緑

 青緑の勇者ジャッカルデッキ。
 お互いのエリアに勇者が並んで威嚇するという不毛な展開。
 相手はサンダーリザード1体を中央エリアに進め、その後方に勇者。

 あー、マズイなーと思いながらドロー…神々に抗う手。

 やた!もらった!

 相手のサンダーリザード移動にスタックで抗う手で勇者ごと除去。
 結局その効果で相手勇者を除去できたのがポイントでした。
 そのままビートしていって勝ち!

 3点/12点

 
 
<結果>

S「最終成績は4勝1敗で4位」
 「優勝は3回戦でトスったフィン君、無事に抜けてくれたて良かった」

M「なんか勢いで押し切った感じですね」

S「そうだね」
 「象砲手バルカンやサウンドマスター・エンジェルが普通にサイズ大きいから結構そのサイズ差で押し切った感はあったね」
 「パンプアップ系や低コストの除去ストラテジーもチワワが出るだけで使えなくなるし」

M「相手の呼び声からの展開はどうするんですか?」

S「呼び声が1500と小さいから同じラインに煌く鋼糸の乙女やバタフライマスター、犬闘士チワワを並べておくだけでOK」
 「特にバタフライマスターはエネルギーをブーストしつつ相手の展開を阻害できるのが強かったよ」

M「なるほど…他のラインに相手ユニットが展開されても基本サイズはこちらの方が大きいのでなんとでもなると」

S「そういうこと」
 「もしこっちより大きいのが出た時は除去ストラテジーで無理矢理除去ってしまえばいいわけだしね」

M「うーん、納得出来るような出来ないような…」
 「8コストが6枚…ブツブツ」

S「まだ言うか…(苦笑」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑白 セカンド限定構築ver

ユニット<27>
 スコーピオンマスター*3
 
犬闘士ケルベロス*3
 
妖魔の勇者*3
 
サウンドマスター・エンジェル*3
 スターフォール・ペガサス*3

 
象砲手バルカン*3
 
バタフライマスター*3
 
犬闘士チワワ*3
 煌く鋼糸の乙女*3

ストラテジー<10>
 ケイオス・ハンド*2
 
伝説に抗う手*2
 誕生の宴*3
 
ペガサス・スパート*3

ベース<3>
 彷徨う山脈*3

<解説>

S「カードショップミナミ限定構築予選使用デッキだ!」
 「ちなみに戦績は4勝1敗(身内トス)だ!」

M「……また、なんというか斜めったデッキですね…

S「何おぅ!どう見ても普通の緑白だろうが!

M「8コスト6枚積んどいて普通とか言うな!!
 「
ゴッドルドルフでもないのに何ですかこの8コスト群は?

S「いや…まて…こいつらは実は結構強いんだぞ!?」
 「同種族が入れば出したターンに移動→リリースするからそのまま殴れるし」
 「ケルベロスなんかスマッシュ回復まで出来るんだよ!?」

M「う…そう言われるとちょっと使える気がしてきましたよ」

S「だろ?」
 「誕生の宴、バタフライマスター、象砲手バルカンで結構ブースト出来るから6ターン目くらいに普通に出して歩き出すのは強いよ」
 「相手もまさかこんなの出てくるとか予想もしてないだろうしね」
 「意表突くのは大事だよ!

M「あぁ…結局はその『意表突く』理論なわけですね…(苦笑」
 「スターフォール・ペガサスや伝説に抗う手なんかも『意表を突く』カードなわけですか?」

S「うん、両方とも結構活躍してくれたよ」
 「スターフォールはエネルギーを大量に残してターンエンドすると相手ターンに歩き回って相手の動きを邪魔してくれるのが強かった」
 「通常構築でも十分活躍できるレベルのカードだと思うよ」

 「伝説に抗う手も要所でいい活躍をしてくれたね」
 「特に敵ユニットの後方に敵妖魔の勇者なんてパーティを1発で吹っ飛ばせるのは強かった」
 「こっちはバタフライマスターとかいらないユニットを除去すればいいだけだからね」

M「限定構築なら十分活躍できるレベルだと?」

S「そうだね、むしろケイオス・ハンドの方が使わなかったくらい(笑」

M「うぅ…ん、それはそれで何か違う気が…」

S「なぁに、結局はブン回したら勝ちだよ、緑白なんてデッキわ」

M「結局その理論に行き着くんですね(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青単 銀獅子オペラ不能極

ユニット<25>
 銀行を守る獅子*3
 金砂の魔女*3
 キューピッド・スピリット*1
 サンダーエッグ*3
 センチネル・センチピード*3
 サンダーリザード*3
 ハイタイドセイコー*3
 衣服商人スワロー・ポール*3
 氷雪の魔氷パウダー・スノー*3

ストラテジー<10>
 グッバイ・マイ・エンジェル*2
 マーフィーは楽天家だった*1
 欲望の連鎖*3
 蒼き魔王の門*1
 バードマン・ソウル*3

ベース<5>
 水底の歌劇場*2
 海洋到達不能極*3


<解説>

S「セカンド環境における青単色を組んでみたよ」

M「なんかまた随分変わったカードが入ってますね?」

S「試作型だからな」
 「キューピッド、楽天家、蒼門あたりは使用感を確かめるために入れてみた」

M「結果は如何に?」

S「キューピッドは悪いユニットじゃないが、青に欲しいのは単純なパワーよりトリッキーさだからそういう意味では入れ難いね」
 「楽天家はバトルで使えるのが強い、ただ使用スタックで隣接カードが除去されると効果が弱くなるのがネック、グッバイとは五分五分かな」
 「蒼門はパラドクスストームと比べて汎用性に劣るけど入っててもいいと思う…くらいか」

M「うーん…結局強いかどうかはよく分からないんですね」

S「ゔ…その通り」
 「まあ、これから回す過程で分かっていくんじゃないかな」

M「最近流行のサイバーチェイスではなく欲望の連鎖なのは?」

S「いや、ここは別にチェイスでもいいと思うよ」
 「ただ、最近の青単はドローのし過ぎで負けやすくなってる気がするから、2コストドローは抜いてファルコン・ケンとかでもいいのかもれない」

M「まあ、ウィニーにも耐性が付きますし悪くはないのでは?」
 「後はチワワやフェンリルの存在もありますし…」

S「そうなんだよねー」
 「あのワンコの存在を考えるとグッバイや楽天家より差し押さえ命令にしたくなってくるよなぁ…」

M「その辺は地域メタ次第じゃないですか?」
 「ジャッカルじゃなくてエッグなのは単純にサイズの問題ですね」

S「そう、単色なら色指定気にならないからね」
 「やっぱり1500の差は大きいよ」
 「あー、それにしても青単は入れたいカードが多過ぎて悩むー」
 「普通はどれを入れるかで悩むのに、どれを抜くかで悩むのは青単くらいだよ、ホント」

 「こうなったら自分だけデッキ60枚で…

 

M「落ち着きなさい!(ゴスッ!!(鈍器で殴る音

| | コメント (0) | トラックバック (0)

折角なのでマスコットでも

 最近…一人称で更新するのが難しくなってきました。
 会話形式だともうちょっと楽だなぁ…と思ったので、この際、本人人格である「Shun」ともう一つ会話用の別人格を作成することにしました。

 その名も「Makoto」さん。
 なんでMakotoなのかと言いますと。
 私が漫画「宵闇眩燈草紙」に出てくる椎名マコトというキヤラが好きだからだ!

 

Makoto(以下M)「随分安易な決め方ですね…」

Shun(以下S)「うわっ、いきなり出てくるな!」

M「あんたが作成した人格でしょーが」

S「いや…まあ、そうなんだが‥」
 「あと、別に安易に付けたわけじゃないぞ!」

M「ほう、では他にどんな理由が?」

S「頭文字を並べるとSMでなんか卑猥だ

M「死んでしまえ!

S「ほ、他にも逆ならMSでモビルスーツだ!

M「やっぱり安易じゃないですか!!

 と、まあ、こんな感じで更新していく予定なのでどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえずやってみた

 いつも、DaradaraDiaryをご覧の皆様。
 最近本家であるDaradaraDiaryの更新がディメンション・ゼロ一色になっていまして。
 他の記事を更新しようにもし難い状態にありました。
 そこで急遽思い立ってディメンション・ゼロの記事専門のBlogを立ち上げてみました。

 その名も「とりあえずやってみた」ですw

 その名の通り理論よりもまず実践を基本にした更新をしていきたいと思いますので、どうぞご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年12月 »