« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

GP6本戦レポート

Shun「あっと言う間に新弾が発売してしまいました」
    「が、これを書かないことには先に進めない!」

Makoto「GP大阪レポート始まり始まり〜!」


1回戦 

A:青白グラシア
こちら先攻でスタート。
で、こちらが先に機械竜グラシアを場に出す、この先出しが勝負を分けた。
後手に回る相手を尻目にグラシアパワーでガシガシ押して勝ち!

しかし…相手に犬闘士チワワがいるのに『母の愛があるから大丈ー夫!』という寝言全開プレイング……死にたい。

 

B:赤黒ハンデスニトロ
相手は早々にザ・ハーブスが登場。
こちらのハンドをガンガン削っていく。
こちらはプランが噛み合ず、小型用の雫の魔氷ドロップスや粉雪の魔氷パウダースノーが欠片も見えやしない(泣

それでも流氷の大陸を配置し、殴り合いの構えを見せる。
で、流氷からユニットを展開しエネルギーフルフリーズ。
ここでハタと気がつく『相手赤黒→ベースある→ニトロ・カタパルトあるに決まってるやん!』

絶望した!自分の寝ぼけた頭に絶望した!

一瞬目の前が暗くなるが、相手もそこまで手札が良くないらしく積められず……セーフ!
逆に神引きサンダー・ジャッカルで相手の迎撃を躱し、流氷ユニットを降臨させ力押しで勝ち!

2−0


2回戦
名古屋の方、どうやら将軍さんのお身内らしい。

A:青緑勇者サイクロン

こちら先攻、相手の1ターン目のエネルギーがバードマン・ソウル。
軽コストのストラテジーが多いと踏んで2ターン目に犬闘士シバ展開。
これで相手の動きが目に見えて落ちる。
そのまま、白の大型ユニットをガスガス展開して押し切りがち!

 

B:黒……(すいません忘れました)
黒絡みのデッキにフルボッコされたことは覚えている。
どうもこの青単は黒と相性がよろしくないようだ…。

3−1


3回戦
絶対領域主催のわたるさん。

A:赤黒ウィニー
相手呼び声展開→こちら正面に犬闘士シバ展開。
相手さらにプランから呼び声展開→こちらプランから五つ星シェフ正面に展開。
と、いう正面が負けないウィニー同士では最高の立ち上がり。
さらにシバいるから相手の軽量除去ストラテジー怖くないぜ!
後は機械竜輝くを機械竜ドルチェでグルグル回して勝ち!

 

B:黒白電脳幽鬼コン
うわーん、1戦目妙に黒のパーツが弱いと思ったら2戦目も黒かい!
こちらの配置するベースは全て電脳神で叩き割られ、幽鬼の谷で因果律の抜け道がフェザーでグルグル……。
こちらのシュレディンガーの猫は相手の犬闘士チワワの性で使えず……負け。
粘ったんだけどなー。

4−2


4回戦
 

A:青単ウィニー
相手の展開が超絶早いんですけどー!
こちらも負けじと展開するも、犬闘士シバを出せなかったため相手のドローとバウンスカードが止められない。
なんとか相手の攻撃を捌き続けるが、捌き切った所で山札切れ。
うーん、闘気重視デッキの弱点が出たなぁ…。

 

B:赤黒ビート
海洋到達不能極が引けないなー、と思っていたら相手に破壊竜ズィーシェンと素敵生物降臨!
あちゃー、意外とあのサイズ除去しにくいんだよなぁ…。
頼みの深淵竜翻るもマントルを漂う遺跡で除外されピーンチ!
で、結局、Aデッキのリプレイで捌き切った瞬間にデッキ切れた……負け。

4−4


5回戦 domzouさん
関東のボンガ使いdomzouさんがお相手。
BCC浜松町の赤王予選でフルボッコされたのはいい思い出です…。

 

A:白単コントロール
ほぼ同系デッキ対決……なんだってー!
で、勝負は相手ユニットを無視した殴り合いに発展。
如何に相手を機械竜輝くやペガサス・ポニーで止めるかの勝負です。

しかし、先手を取った相手が常に一手早い展開。
こちらも負けじとスマッシュしますが、どう見てもジリ貧です。

そして、終盤こちらのユニットは機械竜グラシアが1体。
相手には既に4スマッシュ与えているので、このまま奥に積めてスマッシュが通れば勝ち。
でも、相手の手札2枚のうち1枚はさっき回収した機械竜輝く。
運命のドロー!……変形城砦タルト……。
あれ?これなんとかなったくね?

機械竜グラシアが敵軍エリアまで移動、優先権放棄!
相手は機械竜グラシアに機械竜輝く。
それは変形城砦タルトをプレイ→変形することで闘気→機械竜グラシアを対象にならなくするで対処。
さあ!これで相手の残り手札1枚が犬闘士ボクサーとかじゃなきゃ勝ちだ……。

……機械竜グラシアでした。
勝ち

 

B:白単ウィニー
さあって相手のBデッキは何かな?と思っていたら。
相手のデッキは白単ウィニー………あれ?
先生!相手のティラ・ミ・スが止まりません!雫の魔氷ドロップスでも無理です!

で、ガスガスとスマッシュを食らうもののギリギリの所で耐え続けます。
そして、相手のティラ・ミ・スが敵軍エリアに1体。
こちらはその同じラインの自軍エリアにサンダー・ジャッカルが1体。
そこで、相手の前進に合わせて、こちらサンダー・ジャッカルの横にサンダー・ジャッカルをプレイ!
これで相手のティラ・ミ・スを仕留めると後はこっちのペース。
そのままサンダー・ジャッカル2体で押し切って勝ち!

6−4

 

6回戦 富田プロ
さって、最後の相手は誰かな〜!
出来れば2勝して初の24点ゲットしたいなぁ〜!

……ちょwww富田さんwww何してんすかwww

踏んではいけない人を踏んで最終戦。
ちなみに富田プロにも同じ様なセリフを言われましたw

 

A:青緑オペラパーティー
相性的にはいいはずなんです…。
相手の行動を色々妨害できますし、ベースも割れますから…。
でも…何で…五つ星シェフを引けないんですかね?

そう、その五つ星シェフを引けないために相手の流氷の大陸にマジでフルボッコ状態。
しかも自分5エネ時に何をトチ狂ったか、機械竜ドルチェを先にプレイしてしまい。
相手のカオスビースト・ナインテイルにエネを割られる超絶失態プレイ。
……ちょ…そこは明らかに犬闘士ボクサープレイでしょ…。
今日一番のプレイミス…本当にありがとうございました(泣

そのまま粘るもなす術も無くフルボッコされて負け……。

 

B:青黒ヘルジャッカル
来ました…ヘルジャカッルです。
そうだと分かった瞬間に自分の中で殴り合い勝負以降すること脳内決定!
4ターン目に流氷の大陸を置くとそこからセンチネル・センチピードや氷柱の魔氷アイシクルを投げ込んで殴る殴る。

さらに流氷ライン以外は海洋到達不能極を置いて鉄壁の構え!
途中で一瞬相手が積めれそうな場面があったものの相手の青エネルギーの少なさが災いして攻めきれず。
そのまま返しのターンに一気に攻めて勝ち!

7−5


S「と、言う訳で結果は7勝5敗の21点」
 「順位的には80位後半…確か89位だったかな?」

M「うーん、相変わらずこの壁は超えられませんね」

S「でもねー、今回もこの順位だったことで自分の中でケリはついた感じかな」
 「前々から本戦に出ないと言っておきながら、本戦出場してこの順位だから、これが自分の限界って気がするよ」

M「ま、いいんじゃないですか?」
 「これで踏ん切りつけて皆のサポートが出来るわけですから」

S「そうだね」
 「多分、出ても次のGPが本気で行く最後にはなると思う」
 「後は出来る限りD-0界が盛り上がる活動をするよ!」

M「そのためにもまずはウェルカムパーティーの成功からですよ!」

S「おぅ!思いもかけない参加者が多数いそうだし」
 「気合いをいれて頑張るんでこれる人はみんな来て下さいね!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青単 闘気コントロール

Shun「はい!そんなわけでBデッキの紹介です」
    「正直、これは晒したくないんだよねぇ…」

Makoto「ん?どうしてです?」

S「いや、あまりにも練り込みの足りないデッキだからね」
 「本当なら他のデッキで行くはずだったんだけど、直前で『ダブル闘気デッキがいい!』と言ってスイッチしたもんで」
 「練習、練り込みともに全然で…本戦もボコボコだったし…」

M「なら、尚更載せましょう!」
 「自戒は大事ですよ!」

S「うぅ……」


 

Bデッキ:青単闘気コントロール

【戦績】
1・赤黒ハンデスニトロ ○
2・黒………?     ●
3・黒白電脳幽鬼コン  ●
4・赤黒闘気ビート   ●
5・白単ウィニー    ○
6・青黒ヘルジャッカル ○

ユニット<24>
 深淵竜エメラルドティアー*3
 ギガント・エイリアン*3
 深淵竜ブルーミスト*3
 センチネル・センチピード*3
 氷柱の魔氷アイシクル*3
 サンダー・ジャッカル*3
 雫の魔氷ドロップス*3
 粉雪の魔氷パウダー・スノー*3

ストラテジー<12>
 深淵竜翻る*3
 シュレディンガーの猫*3
 フロストドラゴン・ソウル*3
 欲望の連鎖*3

ベース<4>
 流氷の大陸*1
 海洋到達不能極*3

 
<解説>

M「パッと見ると割と纏まってる印象を受けますが?」

S「んー、纏め過ぎた感が強いんだよね」
 「あと、ビートやウィニー系には割と強いんだけど、結構黒絡んだコントロールに弱かったりして……あぁ、調整&練習不足が恨めしい!」

M「ま、それは自業自得ですけどねー」

S「グッ、バッサリ切ったな…」
 「ま、その通りだ!」
 「今回は白単は会心の出来だったから、それで十分としよう!」

M「さあ、次回からはいよいよ対戦レポートです!」
 「果たしてShunは誰と当たったのか?」
 「そして、どんなミスをしたのか?」
 「乞う、ご期待ですよ!」

S「え…ねぇ…ミスするのは前提なの…ねぇ?」

M「それではッ、次回!」

S「…おーぃ……(泣」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白単闘気コントロール

Shun「そんなわけでGP大阪レポート一発目は!」

Makoto「本戦使用デッキです」

S「まずはAデッキから言ってみよー!」

 

Aデッキ:白単闘気コントロール

 

【戦績】
1・青白グラシア ○
2・青緑クエイク ○
3・赤黒ウィニー ○
4・青単ウィニー ●
5・白単コントロール ○
6・青緑オペラ  ●

 

ユニット<25>
 機械竜ラルゴ*3
 犬闘士ケルベロス*1
 機械竜グラシア*3
 機械竜ドルチェ*3
 犬闘士ボクサー*3
 五つ星シェフ*3
 犬闘士シバ*3
 犬闘士テリア*3
 ペガサス・ポニー*3

ストラテジー<12>
 母の愛*3
 白き聖王の門*3
 マシンドラゴン・ソウル*3
 機械竜輝く*3

ベース<3>
 変形城砦タルト*3

 
 

 

<解説>
S「かーなり変わった構成の白単に仕上がっています」
 「正直、見た人全員から『?』と疑問符を投げ返されました!」

M「まあ、そうですよね」
 「1コストが1種3枚に2コストが3種9枚」
 「で、いきなり次は5コストが2種6枚ですもんね」

S「うーん、自分ではかなり練り込んだつもりなんだけどなぁ…」

 「まず最初の原型はこの白タッチ青ウィニーだったんだけど」

M「えッ?ウィニーが原型なんですか?」

S「そうだよ?」
 「まあ、話は最後まで聞きなって!」

 「白ウィニーをタッチ青にした理由はハウス・オブ・ヘルの除去に濃霧の魔氷フォッグやサンダーリザードを採用したかったからなんだけど」
 「それだと青が邪魔で思う様にプランからユニットを展開できなかったんだ」

M「3ターン目のプランとか確かに難しいですもんね」
 「白でプランすればシバやシェフが出て、青でプランすればフォッグが出る…みたいな」

S「そうそう…(苦笑」
 「で、それを回避するには白単にするのが一番いい」
 「だけど白単にするとハウス・オブ・ヘルの処理に困る」
 「白でヘルを処理出来るのは母の愛だけ…でも、母の愛はあまりウィニー向きのカードじゃない…」

 「と、いったことを頭の中でグルグル考えているうちに『序盤に小型を展開しながらも母の愛を使い回す闘気白単』というコンセプトが出来て、それを実現したのがこのデッキ!というわけだ」

M「なるほど…それで犬闘士チワワやフェンリルが入っていないんですね」

S「なるべく小型に寄せたかったからね」
 「あと、コストの大きいストラテジーは大半が除去で、それは機械竜グラシアで止まるから…ってのもあった」

 「むしろ、序盤に失恋の痛みで手札を抜かれたり、バードマン・ソウルやサイバー・チェイスでバリバリドローされるのがいやだったんだよね」

 「結局のところは闘気をうまく使って相手の足を止めながらユニットでジワジワ攻める…というコントロール気味のデッキに仕上がったわけだが」
 「結果がどうあれ今回のGPで1、2を争うお気に入りデッキだね」

M「白単?と思った人も一度チャレンジしてほしいですね」

S「だね!闘気でグルグル回る機械竜輝くはやらしいぜ!」

M「次回はBデッキの紹介ですよ!」

 

 

ps1:RADIO_ZEROSTARTにてGP大阪で行われた公開録音の模様が紹介されています。
   私も三代目赤王ペペと一緒に出演しているので、興味のある方は聞いてみてはいかがでしょうか?

 

ps2:携帯様が逝ってしまいました。
   新機種に変更したんですが、アドレスも昇天したので、誰とも連絡つきません。
   メルアドなんかは変わっていないので、このBlogを見ていて私のアドレスを知っている方は是非連絡下さい。

   切実DETH!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GP大阪 終!了!!

Shun「GP大阪終了ォォォォォォォォ!!」
    「滅茶苦茶疲れたけど楽しかったZEEEEEEEE!!」

Makoto「うわッ!テンション高ッ!」
      「まあ、なんにせよお疲れ様でした」

S「いやー、本ッ当に疲れたよ」
 「3日間走りっぱなしの動きっぱなし!」
 「飯も食わずに眠りもせず、でも酒は飲む日々でした」

M「えぇ、見事にダメ人間ですね☆」

S「うぉ!バッサリ切りやがった!」

M「で、本戦は結局どうだったんですか?」

S「えーっと、本戦はですね」
 「Aデッキに白単闘気、Bデッキに青単闘気のダブル闘気デッキで参戦」
 「A4勝2敗、B3勝3敗の計7勝5敗で89位の5000円フィニーシュ!でした」

M「結局、7勝の壁は破れませんでしたねぇ…」

S「うーん、ここが自分のプレイングの限界なのかなぁ…」
 「デッキがどうこうよりもプレイングのレベルが低過ぎなのが泣けるね」
 「本戦でも、なんでそうするんだよ?みたいなプレイを山盛りしたしなぁ……」

M「その辺はしかし練習あるのみではないでしょうか?」

S「ですよね〜(初代赤王風」
 「次の日本選手権はプレイヤーとして参加するのか謎ですが、出るなら次こそは8勝目指したいなぁ〜と…」

M「それにはまず『面白いか』じゃなくて『強いか』でデッキを決めることが必要だと思いますよ」

S「グッ…また難しいことを…」

M「それが難しい段階で限界な気もしますが…(汗」

S「さて、本戦での使用デッキやレポート、裏話etcは次回からガッツリ上げていくのでお暇な方は見て下さいな」

M「どうぞよろしくお願いします」

 PS.無限回収ボンガ2000枚更新は後20枚ほど足りずに敗北_| ̄|○
    全日本選手権まで持ち越しになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ明日が本戦です!

Shun「さて、いよいよ明日に迫ったGP大阪」
    「みんな準備はできたかな?」

Makoto「忘れ物もないですよね?」

S「本戦を戦うために必要なものは4つ!

M「えーっと、デッキに招待状、筆記用具…後は…?

S「違う!!

 「必要なものは!
  ボンガ・ボンガ
  ボンガ・ボンガ・ボンガ
  勝利宣言
  ボンガ・ブー


  だ!!

M「それはあなたの欲しいものでしょうがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

S「だ、だってボンガ・ボンガは後200枚ほどで2000枚だよ?」
 「だからお願いだ!みんなオラにボンガを分けてくれ!!」

M「……皆さん、気が向いた人はこのボンガバカに投げてやって下さいね(タメ息」

S「そして、今日はパブリック梅田で前日調整会だ!」
 「パブリックの開店12時から開始なので、暇がある人はドンドン参加して欲しい!」

M「詳しい行き方はコチラ!
 「迷ったら『梅田第3ビルはどっち?』と聞いてみて下さい」
 「地上から行くより地下からの方が行きやすいですよ!」

S「大阪は地上より地下の方が歩きやすいからね」
 「僕も用事が済み次第参加する予定」
 「他にも前日入りする各地の強豪達と対戦するチャンスなので、本戦参加者以外の人も顔を出してみるといいんじゃないかな?」

M「では、皆さんパブリックでお会いしましょう!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

前日調整会やるよ?

Shun「いよいよ来たぜ!GP大阪!!」

Makoto「うわッ!テンション高ッ!!」

S「ふふふ、だって祭りだよ祭り!」
 「賞金100万も大事だけどそれ以上にこの大きな祭りを楽しもうじゃないか!!」

M「あなた…絶ッ対、台風来る時大喜びしてたでしょ…」

S「ギクッ…何故それを…」

M「分からいでか……(タメ息」

S「ちなみに今も台風来るとワクワクするよ?」

M「はいはい、分かりました分かりました(苦笑」
 「で、何かお知らせがあるんじゃないですか?」

S「お、そうだった!」

 「GP大阪はもう始まっている!」
 「と、言う事で前日調整会やります
 「GP大阪本戦前日の13日(金)、場所はパブリック ゲーマーズ梅田店!!

M「あれ?時間は何時から?」

S「そんなもの!」
 「そこに二人D-0プレイヤーがいれば調整会さ!!」

M「いやいやいや…」

S「地元大阪勢だけじゃなくて、前日入りする関東や九州といった他の地方の強豪達も来るそうなので、皆張り切って参加しよう!!」

M「え、あの、私の話聞いてます?」

S「それでは皆!明日はパブリックで会おう!!」

M「人の話を聞けぇぇぇぇぇ!!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

放置しまくりですいません

Shun「私は今、すごい事に気がついた…

Makoto「え?いきなりなんです?」

S「GP大阪って今週なんだね?

M「うぉい!!アンタがそれを言うか?

S「いや、なんとなーく、後一週間くらいある気がしてた…」
 「やらなきゃいけないスタックも山積みなのに、危ない危ない…」

M「また、何か悪いこと考えてるでしょう?」

S「エッ?ナニソレ?」
 「ボク、ナニモワルイコトカンガエテナイヨ?」

M「いや…バレバレですから…」

S「まあ、GPの前も中も後も色々企画してるのは本当」
 「GPまで後3日しかないけど、それらが実現できるように頑張るわ!」

M「夏のウェルカムDー0パーティーの話もありますしね」

S「それに関しては次回詳しく!!」

M「あ、逃げた…」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白タッチ青ウィニー

ユニット<28>
 犬闘士ケルベロス*1
 情報商人オウル・クラウス*3
 
エクレア・ショコラ*3
 サンダー・ジャッカル*3
 
五つ星シェフ*3
 犬闘士シバ*3
 犬闘士テリア*3
 聖騎士ホーリー・アロー*3
 牢獄を守る獅子*3

 サンダーリザード*3

ストラテジー<9>
 白き聖王の門*3
 ガーディアン・ソウル*3
 
バードマン・ソウル*3

ベース<3>
 変形城砦タルト*3

 
<解説>

Shun「予選突破の白タッチ青ウィニー」
    「実験的なデッキなので粗見えまくりなのは勘弁ね」

Makoto「確かに…まあ、なんぞこれ?って感じはしますが…」

S「前回のグラシア型は使ってるうちに『うん!普通に青白グラシアでいいよね!』という身も蓋もない結論に達したのでコッチに切り替えてみた」
 「この形も実は微妙でねぇ…」

M「そうなんですか?」

S「うん、青のカードが今12枚なんだけど、これだと多いんだよね」
 「白2の2コストが6枚いるこのデッキで、序盤に白が並べられないのは致命的」
 「それなら青抜いて白タッチ鳥魂くらいにしようかと思ったんだけど、それだとハウス・オブ・ヘルっていう最強生物が止められないんだよね…」
 「あの奇怪な生物がいないなら白単でもいいんだけど…」

M「それなら母の愛でも積んだらどうですか?」

S「あのデッキはウィニーデッキに向いてるようで向いてないんだよね…」
 「闘気の回収システムがあればいいんだけど、ウィニーにそれを積んでる余裕がないのも事実…」
 「ドルチェとかまで積んでみるのも悪くないかもしれないけど…うーん」

M「パワーカードでブーン!といけない分だけ構築の難しいデッキですねぇ…」

S「そうなんだ…」
 「一応、この系統のデッキは本戦の候補にはまだ残ってるから、地道に調整していくよ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

重大でもないお知らせ

Shun「今日は皆さんに重大なお知らせがあります…」

Makoto「はい?どうしたんです?改まって…」

S「予選抜けちゃいました…

M「エエエエエエエエ!なんでですか?」
 「今回は地元や遠征者のサポートに回るから本戦出ずにユーザー記者とか言ってませんでした?

S「はい…確かにその通りです」
 「ですが、先日出た予選であれよあれよと言う間に勝ってしまい、気がつけば権利を…」

M「いやいやいや!落とせばいいじゃないですか、権利放棄して」

S「それだとシバとポールの箔押しは貰えないよ…と言われて」

M「ダメだ…この人…(タメ息」
 「ま、過ぎたことは仕方が無い…で、予選のデッキは何だったんですか!」

S「白タッチ青ウィニー!」

M「え!あのグラシア入ったやつですか?」
 「あんなので予選抜けれるんですか?」

S「(ヒドイ言い方だな…) いや、あれじゃなくて別verだけどね」
 「実際に使ってみると結構いいデッキだったので、もうちょっと煮詰めてはみる予定」
 「やっぱり五つ星シェフが強いのさ」

M「時代なんですかねぇ…シェフ…」
 「ま、出る以上は頑張って下さい!」
 「ちなみに目標は?」

S「んー、今までのGPの最高成績が7勝なので、それを超えられるようには頑張りたいね!」

M「高いんだか低いんだか微妙な目標ですねぇ…(苦笑」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »