« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

青タッチ赤 ノヴァダイブ

ユニット<23>
 深淵竜エメラルドティアー*3
 ギガント・エイリアン*3
 
新星の魔炎ノヴァ*3
 海運商人グル・フリント*2
 センチネル・センチピード*3
 銀砂の魔女*3
 雫の魔氷ドロップス*3
 粉雪の魔氷パウダー・スノー*3

ストラテジー<10>
 深淵竜翻る*3
 サイバー・ダイブ*3
 シュレディンガーの猫*1
 バードマン・ソウル*3

ベース<7>
 流氷の大陸*3
 人面鳥の止まり木*3
 海洋到達不能極*1

 

<解説>
Shun「サイバー・ダイブ+フェアウェル・パーティーはやってみた!
   「次はサイバー・ダイブの単体使用だ!!」

Makoto「え?ちょっと待って下さいよ?」

S「ん?どしたの?」

M「だって、前回はサイバー・ダイブ単体で使いにくいから…って理由でフェアウェル・パーティーと組み合わせたんですよね?」
 「それを何でいまさら単体で使おうとするんですか?」

S「チッ!チッ!チッ!それがそうでもないんだな」
 「前回の青緑のフェアウェルダイブデッキを作った後から色々と考えてたんだけど、実は中々デッキの形にならなくてね」
 「そんな時にいつも一緒にデッキを作るメンバーの一人が『あー…ダイブ使ったらノヴァって無色1コストで出るんだよね…』と言い出して」
 「それに続く様に『そういや、ダイブ後だと銀砂の魔女を2コストで中央投下すればエメラルドティアーも場に出るんだよね』……と」

M「あー、よっく分かりました」
 「その瞬間にデッキが出来たんですね…(タメ息」

S「その通り!」
 「上記のコンボをメインに据えて後はコンボ要素を引いてくるためにドローソースを積んではい完成☆」

M「はい完成☆って…それはいいんですけど、実際問題回るんですか?このデッキ」

S「んー、意外と回るよ」
 「1度に2枚カードを引いてこれるドローソースが結構入ってるし、闘気で墓地回収も出来るからコンボ要素を揃えるのはそこまで難しくない」
 「兎に角、序盤は粘って粘ってスマッシュ入れて8〜10エネルギー溜まるまで耐える」
 「で、そこから反撃!」
 「サイバー・ダイブ→ノヴァ→ノヴァ→銀砂の魔女中央投下→エメラルドティアー…とかやって勝負を決めようw」

M「……ダメだ、何か騙されてる気がします…(汗」

S「いやいやいや、実際決められると結構辛いんだよ?」
 「ちなみに新星の魔炎ノヴァは普通に流氷の大陸からも出せるよ☆」

M「うぅ…胡散臭いよぅ…」

S「まだ言うか…(泣」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤白 鬼軍曹イメラ

ユニット<30>
 拳闘戦鬼豪腕丸*3
 乱舞のアウリガ*3
 
おもちゃの兵隊*3
 雷光イメラッ*3

 マウンテンツリー・ナイト*15
 おもちゃの楽団*3

ストラテジー<7>
 たとえ一人になっても*1
 ノヴァ・コマンド*3
 火事場泥棒*3

ベース<3>
 変形城砦タルト*3

 
<解説>

Shun「最近の自分はどうも赤白という配色が好きなようです」

Makoto「そう言えばそうですね?」
      「吼えるブルマにトロール、それにこのカエルですか」
      「確かに多いですよね」

S「どうも白のユニット力と赤の爆発力が非常に自分好みなんじゃないかと思う」
 「分かり難い説明だけど『ブーン』って出来るデッキが好きなのさ」

M「あはは、なんとなく意味は分かりますよ」
 「で、今回はどんなデッキなんですか?」

S「ん?ぶっちゃけフレーバーテキストに沿って作ったファンデッキかな」
 「新世界の呼び声のフレーバーテキストで雷光イメラッがフロッグ・ナイトを従えて火事場泥棒!っていう記述があったのでそれに合わせて組んでみたわけですw」

M「あぁ…なるほど確かにそうですねw」

S「基本はマウンテンツリー・ナイトをどんどん展開して数で押し込み、隊列召還を成功させていくデッキだね」
 「自分的には魔甲カー幻夢までいれてフレーバーを完全に再現したかったんだけど、色指定2が辛くて抜けてしまった…残念」

 「まあ、実際問題、デッキとしては意外と強かったので、雷光イメラッとか抜いて素直にカエル隊列召還デッキにしても面白そうだ」

M「カエルがGPを制する時代がついに来ましたか!?」

S「いや…それはどうだろう…(汗」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白赤 吼えるブルマスティフ

ユニット<30>
 機械竜ラルゴ*3
 犬闘士ケルベロス*3

 破壊竜ジーガンパオ*3
 カオスヘッド・ドラゴン*1
 
機械竜ミステリオーソ*3
 犬闘士ブルマスティフ*3
 犬闘士フェンリル*1
 花束を捧げる乙女*1

 ステルス・スナイパー*3
 
ストロベリーポイゾン・ナイト*3
 ペガサス・ポニー*3

 火花の魔炎スパーク*3

ストラテジー<4>
 機械竜輝く*2
 破壊竜吼える*2

ベース<6>
 ドラゴン・パレス*3
 変形城塞タルト*3

 

<解説>
Shun「随分前に作ったのに紹介してなかったので、ご紹介」
    「白赤の面白ブルマエンジンデッキです」

Makoto「要は犬闘士ブルマスティフの能力を破壊竜吼えるで連続起動させてブンブンするデッキですね」

S「その通ーり!」
 「まずは動かし方からいってみよう」

 「動かし方は簡単だ」
 「まず4ターン目にドラゴン・パレスを配置する」
 「5ターン目に闘気をドラゴン・パレスに付ける」
 「6ターン目に犬闘士ブルマスティフをドラゴン・パレスラインに出す」
 「で、7ターン目に犬闘士ブルマスティフの能力を破壊竜吼えるを使って2回起動!」
 「後は毎ターン闘気カードを破棄して破壊竜吼えるを回収してひたすら犬闘士ブルマスティフの能力を起動するだけ!」

M「うぅん…確かに回ったら強そうですが、そう都合良くいくんですか?」

S「結構なんとでもなると思うよ」

 「遅いデッキだからウィニー系のデッキが苦手だけど、そこは火花の魔炎スパークや変形城砦タルトがあったりもするし」
 「ストロベリーポイゾン・ナイトも序盤にウィニーを踏み荒らせるし、終盤はドラゴンに変身して一気にスマッシュを稼いだりと結構やるね」

 「除去コントロールのような遅いデッキにはドラゴン・パレスが異常に刺さるしねぇ…」

 「弱点と言えば犬闘士ブルマスティフエンジンに依存してるから、引けないと負けちゃうんだよね(苦笑」

M「……それはそれでどうかと……(汗」

S「まあまあ……でも、回ったらすげー気分のいいデッキなので、是非一度試してほしいね」
 「実は結構カード間のシナジーが強いデッキなので、使えば使うほど面白い使い方が出来るデッキだよ」

M「それだけ胡散臭いってことですね☆」

S「グッ…実も蓋もないことを…(汗」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒白 タカハシビートver新世界

ユニット<28>
 犬闘士ケルベロス*3
 機械竜グラシア*3
 
ハウス・オブ・ヘル*3
 レディ・ララバイ*3
 イビルアイ・ドライバー*3

 ザッハ・トルテ*3
 犬闘士フェンリル*1
 花束を捧げる乙女*1
 犬闘士チワワ*3
 
呪詛の魔煙カース*2
 ペガサス・ポニー*3

ストラテジー<9>
 悪魔竜蠢く*3
 失恋の痛み*3
 悪魔竜嘲る*3

ベース<3>
 サバトの祭壇*3

<解説>
Shun「いきなりだが、現環境版のタカハシビートを組んでみた!」

Makoto「……本当にいきなりですね」
      「しかし、何故にタカハシビート?」

S「いや…だって、お気に入りのデッキだし…」

M「そうなんですか?」

S「うむ!OGP新潟の青単不能極ティアーとタカハシビート、バラスペ」
 「この3つが自分のD-0ビルダー人生の中で自分が脱帽したデッキだね!」

M「へえ、始めて聞きましたよ」
 「でも、脱帽って何でです?」

S「それは自分がまったく思いつかなかった理論や概念で作られたデッキだからだよ」
 「今まで大抵のデッキタイプはその雛形くらいは考えていたんだけど、この3つだけは完全に頭の中になかったからね」
 「正直、最初に見た時は『やられた!』と思ったよ…」

M「で、そのお気に入りタカハシビートを今風に組んでみた…と」

S「まあ、かなり変なデッキになっちゃった感はあるんだけどね」
 「最初は『タカハシビートは好きだけど、今の環境早いしなぁ…』と思って、そこから『あれ?じゃあララバイでよくね?』となり『それならさらにカースやポニーを入れると序盤に強くなるぞ!』ときて『じゃあ、サバトの祭壇いれなきゃね、フォッグ対策にもなるし!』まで行って『ええい!じゃあもう悪魔竜嘲るまで入れちゃえ!』←今ここ」

 「と、言うわけだ!」

M「なるほど、よく分かりました」
 「で、実際に作ってみて結果はどうだったんですか?」

S「いや、結構強かったけどね」
 「特に序盤に墓地にユニットを落とさないでおくと、ヘルやられる→嘲るで即回収とか出来て相当やらしかったし、サバトの祭壇自体が普通に強いベースだから、そこにいるだけで実質8000になるザッハやヘルはそれだけ盤面を押し切る破壊力があった」
 「今の段階だとただの微妙なデッキだけど、組みあげていけば化けるんじゃないかな?」

M「ケルベロスなんかも本当はいるのか謎と言えば謎ですからね」

S「だね、その辺も試行錯誤してくさ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤白 勝利宣言ボンガ

ユニット<27>
 ボンガ・ボンガ*3
 
白き勇者ジャンジャック*3
 ドン・ドーン*3
 ボンガ・ブー*3
 フンガ・フンガ*3
 
白き勇者ジャンシャルル*3
 ウンバ・ウンバ*3
 フ・フーンダ*3
 闘神ゴリョウ*3

ストラテジー<10>
 勝利宣言*3
 ノヴァ・コマンド*3

 ガーディアン・ソウル*3
 絶対魔法防壁*1

ベース<3>
 マントルを漂う遺跡*3

<解説>
Shun「さあ!
      組んだぞ!
       文句あるか!!

Makoto「誰に言ってるんですか、誰に(苦笑」

S「今回の弾発売以来、常に言われ続けてきた『赤白ボンガ組まないんですか?』攻勢…」
 「必死に組んで解体しを繰り返して辿り着いた結論は『ジャンジャック+勝利宣言って蝶強くね?』」理論だった…」

M「え?そうなんですか?」

S「うん、今まで勝利宣言が使いにくかった理由」
 「それは+3000程度じゃ相手の迎撃ユニット連続投下を防げない…だったのは分かるよね?」

M「そうですね、5コストも使って+3000は正直きつかったですもんね」

S「それを解決したのが白き勇者ジャンジャックの『戦闘に勝利したら蓄積ダメージ全快能力』!」
 「これさえあれば連続投下で倒される心配もない!」
 「さらに相手の攻撃を耐えれば、その分スマッシュが+1される」

M「おぉ!これはいけそうですね!」

S「まあ、毎回毎回うまくいくわけじゃないけど、今までよりははるかに決めやすくなったね」
 「ジャンジャックがいると相手は不用意にユニットを投げれなくなるから、結構ガスガス押せるんだ」
 「テンポアドバンテージの獲得を第一にプレいすればそれなり戦えるはずだよ」

M「じゃあ、日本選手権でも勝利宣言ですね!

S「え…マジ?」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

青緑 フェアウェル・ダイブ

ユニット<21>
 深淵竜エメラルドティアー*3
 ギガント・エイリアン*3
 
大巨人ヘカトンケイル*3
 妖魔の勇者*3
 スキップするフェアリー*3

 
バタフライ・マスター*3
 粉雪の魔氷パウダー・スノー*3

ストラテジー<15>
 サイバー・ダイブ*3
 
フェアウェル・パーティー*3
 獣王の食卓*3

 サイバー・チェイス*3
 バードマン・ソウル*3

ベース<4>
 人面鳥の止まり木*3
 海洋到達不能極*1

 
<解説>

Shun「誰もが一度は考える!」
    「フェアウェル・パーティーとサイバー・ダイブデッキだ!」

Makoto「あー、確かに考えますよね」

S「そう!皆一度は考えるんだけど、大抵そこで止まってしまう」
 「だが!そこで止まらないのがこのBlog!」

 

M「なんというか…本当にエネルギーブーストとドローしか考えてないデッキですね…(汗」

S「まあ、そういうデッキだしね…」
 「その性でウィニーに弱い弱い…マジ虐殺されますよ(苦笑」

 

M「で、具体的な動かし方はどうなんですか?」

S「えーっと、兎に角序盤はエネルギーをブースト&ドロー強化に努める」
 「例えば、3ターン目までに人面鳥の止まり木を出せると4ターン目に2ドロー+バタフライ・マスターによるエネルギーブーストが決まったり…とかね」

 「で、そうやってブーストしてエネルギーが10(スマッシュは含みません)になったら勝負開始!」
 「サイバー・ダイブ→フェアウェル・パーティーと使って後はひたすら8コストユニットを3コストで出していこう!」
 「深淵竜エメラルドティアーがいれば自軍エリアが埋まってしまうこともないし、妖魔の勇者やギガント・エイリアンがいればさらに楽しいことになる」

M「なるほど、先にサイバー・ダイブを使ってるから相手は一気に積めにこれませんしね」

S「そうそう、そんなわけでウィニー以外にはそこそこやるよ」
 「本当はサンダー・エッグや水底の歌劇場を入れたいんだけど、中々そいう枠がなくて…」
 「もっともっと研究したいデッキやね」

M「エネルギー・ブーストとドローのシナジーを突き詰めればもうちょっと枚数を積めれそうですよね」

S「そうなんだよね」
 「その辺の枚数調整とかが今後の課題かなぁ…」
 「何にせよ面白いデッキなので、一度使ってみてほしいね」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

緑単 ロストウィニー新世界ver

ユニット<25>
 ガン・ドリアード*3
 タマゴ・ドリアード*3
 トカゲと遊ぶフェアリー*3
 大巨人クレーター・メーカー*1
 兎娘キューティ・バニー*3
 ヒメコガネ・ドリアード*3
 レディバードミストレス*3
 幻惑のフェアリー*3
 バンブー・ベイビー*3

ストラテジー<12>
 淘汰*3
 バーサーカー・ドラッグ*3
 小さくて大きな力*3
 
バードマン・ソウル*3

ベース<3>
 ロスト・ワールド*3

 
<解説>

Shun「さて、久々にデッキ紹介といきますか!」

Makoto「新弾発売以来初じゃないですか?」
      「いつもはもっと喜々としてデッキ公開しまくるのに」

S「うん、実はパブリック ゲーマーズ梅田店でボックス購入特典用の記事を書いてて、そっちにデッキネタを全部振ってたもんで、こっちにデッキを載せてる暇がなかったんだよね」
 「で、やっとこさ記事書き終わったんで、今日からデッキをガシガシ更新するよ!」

M「これは…ロストウィニーですか?」

S「そうだね、新弾を最初に見た印象として『ウィニーが全色強化されたなぁ…』と感じたので、まずはそこから組んでみた」
 「隊列召還ビッグアイとスモールアイ、そして4コスト除去ストラテジーの使い勝手を試すのが目的かな」

M「で、その使用感はどうだったんですか?」

S「まずビッグアイとスモールアイは普通に強かった」
 「スモールアイは展開力が半端じゃないし、ロストワールド上に出せればエネルギー使ってないのと一緒だし」
 「ビッグアイは単純に6000で2スマッシュが強いし、このガン・ドリアードの場合は隊列召還が出来なくても、呼び声からめて出すだけでも十分」
 「何しろ隊列召還する度にエネルギーブーストするからね」

M「確かにスモールアイやアンダーバーなど、比較的決めやすい隊列召還をする度にエネルギーがブーストされていくのは強いですね」
 「4コスト除去ストラテジーはどうです?」

S「こっちも強かった」
 「何せこれを1枚握ってるだけでユニットを一気に押し込んで勝ちを狙えるからね…」
 「暴走があると言っても、フリーズしたエネルギーはロストワールドで起こしてやれば被害は最小限ですむし」

M「なるほど…今回はスモールアイ+ビッグアイ+4コスト除去で各色のウィニーデッキが組めてしまいそうですね」

S「うん、それは自分も感じた」
 「白だけはどうかな?と思うけど、それ以外の色は普通にその組み合わせでいけるんじゃないかな」
 「その辺も順次発表していこうと思ってます」

M「はい!じゃあチャキチャキ発表して下さい!」
 「この弾は結構ネタが多いんですから!」

S「うぃーす、ガンバリマス」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏のウェルカムD-0パーティー終了!

Shun「夏のウェルカムD-0パーティー無事終了しましたー!

 

Makoto「参加された皆様、スタッフの皆様お疲れ様でした」

S「初心者向け大会に6名、経験者向けの大会に30名の方に参加していただき大変盛り上がりました!」
 「デッキの方も新弾発売直後ということもあり、デッキタイプが割れる割れる」
 「全部で24種類のデッキが参戦し、非常にカオスな大会になったんじゃないでしょうか?」

M「24種類ですか……じゃあ被ったのって4種類ほどですか?」

S「うん、そう」
 「黒白幽霊屋敷が4名、黒単ウィニーが2名、緑単アメーバが2名、青緑エルフが2名だけ…」

M「それはすごいですね…」

S「さすがに発売直後だからね」
 「皆が思い思いのデッキで出た結果かな?」

M「それで優勝は一体誰が…(ゴクッ

 

S「それはなんと!」
 「徳島から遠征された千里夜行さん緑単アメーバだ!

M「え…徳島?…え?」

S「そう、見事にディメンション・ウェンズデーの中の人に優勝持っていかれました(涙」
 「ちなみに2位は緑白ドラゴンマーチ、3位は青白グラシアと割と既存の強力デッキの新環境対応版が上位に食い込んだね」

M「まあ、発売1週間ならそんなもんじゃないんですか?」
 「ここで逆に強力な新デッキがドーン!と出て来てもビックリですし」

S「そだね」

M「で、肝心の初心者大会の方はどうだったんですか?」

S「そっちは完全な初心者はいなかったかな?」
 「今までプレイはしてたけど、大会に出た事がない…という人が参加してくれたよ」
 「中にはいきなり経験者向けの大会に出る剛の者もいたけど、結果はどうだったのかな?」
 「でも、皆さん思い思いに楽しんでプレイされてたみたいだったので、その点はよかったと思う」

M「そうですね、楽しんでプレイ出来るのが何よりです!」

S「そういう意味では当日の運営は概ね成功だったかな」
 「その前の企画、準備の段階で失敗は山ほどあったけど…(汗」

M「ま、そこはあなたが一人反省すればいい部分なの割愛ですね」

S「あ、ヒド!ううう拗ねてやる!」

M「仕方が無いですね…」
 「よーしよしよしよしよし、角砂糖あげまようか?」

S「そんな慰め方いやだーー!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏のウェルカムD-0パーティー開催決定!

〜注意〜
この記事は8月5日までBlogトップに表示されます。
最新記事はこの下に出ますお気をつけ下さい。

 

Welcome3_1

 

 

Shun「そんなわけでやるよ!」
    「夏のウェルカムD-0パーティー!」

Makoto「…随分と告知が遅れましたね…(冷たい視線」

S「ドビュゥ!(高速バク転土下座

 「すいません、すいません、本ッ当にすいません」
 「これも全部ジョジョABCが悪いんです」
 「あ、じゃあ、詳細いきますね!」

M「あ、まて、コラ!逃げるな!!」

 

 

【イベント名】
夏のウェルカムD-0パーティーin大阪

【開催日】
8月5日(日)

【開催場所】
東淀川区民会館 和室3
阪急京都線淡路駅下車徒歩5分

地図

【開催内容】
経験者向け非公認大会・通常構築戦 14:00〜
 スイスドロー1本制 後攻マリガン有り

初心者向け非公認大会・オールスターデッキ限定構築戦 14:00〜
 スイスドロー1本制 後攻マリガン有り
 オールスターデッキに収録されているカードのみを用いた限定構築戦

初心者向け講習会 10:00〜13:00
 私を含めGP出場経験のあるプロプレイヤーが親切に指導いたします

【受付】
非公認大会   13:00〜13:30
初心者講習会  10:00〜13:00 講習会開催中随時

【定員】
64人

【参加形式】
当日受付

【参加費】
300円


※初心者向け非公認大会にはプロプレイヤー及びGP参加経験者は参加できません。

※初心者向け非公認大会は友人同士で誘いあって2名以上で参加いただいた場合参加費を無料とします。
 経験者向け非公認大会は初心者向け非公認大会の参加者を誘ってきていただいた場合双方の参加費を無料とします。
 皆様誘いあってご参加下さい。

※大会内容について不明な点があればこの記事へのコメントで質問願います。


S「そんなわけで皆様誘いあってご参加下さい」

M「日本選手権出場を狙う方々も是非調整のために参加してほしいですね!」

S「そうだねぇ…皆には頑張って上に行ってほしいなぁ…」

M「あなたももっと頑張りなさいぃ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »