« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

赤単 キャッスルウィニー

ユニット<28>
 乱舞のアウリガ*3
 爆砕の魔炎バーン*3
 ステルス・スナイパー*3
 闘神ゴリョウ*3
 魔甲バイク餓狼*3
 ウンバ・ウンバ*3
 熱砂のパヴォ*3
 ブロンズキッド・ドラゴン*3
 逆鱗のコルブス*3
 閃光の魔炎ビーム*1

ストラテジー<6>
 立ち向かう勇気*2
 全軍突撃*1
 ノヴァ・コマンド*3

ベース<6>
 歴戦の城砦*3
 バグ・キャッスル*3

 
<解説>

Shun「日本選手権2007Aデッキをまずはご紹介だ!」

Makoto「赤単ウィニーですね」
      「でも、ウィニーなのに呼び声が0っていうのは珍しい構築だと思うんですが?」

S「実は最初は呼び声入ってたんだけどレディ・ララバイっていう怪生物に全部溶かされる事件が頻発してね」
 「何回やってもその事態が打開出来なかったので、『もういっその事呼び声抜いて3000ユニット中心に勝負しよう!』という結論になり、最終的にこの形になったわけだ」

M「なるほど…でもここまで小型に寄せると結局ララバイに踏まれてしまいませんか?」

S「その可能性はあるんけど、結局赤単の場合ってララバイに踏まれないサイズのユニットって5コスト圏にもいないんだよ」
 「一番使いたい4コスト圏はベースを出してようやく相打ちっていうレベルだし、それなら2コストで溶かされないサイズで早さで勝負!っていう結論になったわけだ」

M「他のカードではバグ・キャッスルがあまり採用されないカードに思うのですが、どうなんですか?」

S「確かに採用率の低いカードだけど、ここまで小型に寄せた赤単ならこれほど強力なカードは他に無いよ」
 「1コストだからユニットを展開している隙に置いておけるしね」
 「置いていると全てのカードが『速攻』を持っているのと同じだから最後に勝負をかけやすい、ノヴァ・コマンドとの相性もいいし、乱舞のアウリガをリリースすることで不意打ちで一気にスマッシュを決めることもできる」

M「まさに赤単ウィニーのためのカードというわけですね」
 「ストラテジーは割と定番ですね」
 「立ち向かう勇気、全軍突撃は両方とも+5000パンプっていうのはやはりララバイを意識してるんですか?」

S「イエスだね」
 「パワー3000のユニットなら8000になってララバイを返り討ちに出来る」
 「立ち向かう勇気はこのデッキだと本当に最後のトドメになる…んだけど実は本戦では一度も使う機会に恵まれなかったw…もっと別のカードでもよかったかもしれないね」
 「全軍突撃は2枚積むカードじゃないんだけど、引ければ緑単や青黒ヘルジャッカル等のビート系デッキ相手に盤面を引っくり返せるパワーがあるので1枚は絶対積みたい……って感じかな」

 「このデッキは日本選手権1ヶ月前からずっと調整してきたデッキだけあって自分でもお気に入り!サード環境でも手を加えて使っていきたいね」
 「特にバグ・キャッスルは本当に強力なカードなのでまだ使ったことのない人は是非使ってほしい!」

M「次回はBデッキ緑白ドラゴンマーチのご紹介です!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本選手権結果報告

Shun「さて、行ってまいりました日本選手権!

Makoto「散々更新をサボっていたんですから結果は出たんですよね?」

S「ゔッ…その辺は微妙なんだけど」
 「とりあえず使用デッキと結果はこんな感じ」

 

<日本選手権結果>

Aデッキ:赤単キャッスルウィニー 4勝2敗
Bデッキ:緑白ドラゴンマーチ 4勝2敗

最終成績:12戦8勝4敗 24P 49位/343人

 
 

S「こんな感じかな」

M「うーん、相変わらず安定してるんですが、後一歩感は拭えませんね」

S「そうだよねぇ…」
 「今回も後1勝出来てたら27点で個別賞金やら決勝トーナメントやらが見えていただけに残念」
 「それでも24点は過去最高点(いつもは21点)なので、満足と言えば満足だよ」

M「そう言えばそうですね」
 「デッキも赤単はともかく緑白は大会1週間前の急造デッキ…おまけにデッキ内のカードを大幅入れ替えの調整後は1度も回してないって状況を考えるとよくやったと思いますよ」

S「本戦前日もサードセンチュリーのパック剥きとデッキ構築に忙しくてね」
 「当日朝5時に起きて新幹線で東京に向かうはずが、朝の4時までデッキ組みに費やして、組んだデッキは14個!」
 「よく頑張ったいい仕事だ自分!!」

 

M「せめてその時間を調整に費やせぇぇぇぇ!(ゴスッ!」

 

S「グハッ!!」
 「じ、次回は2デッキの紹介、本戦レポート、さらにサードデッキの紹介に続きます!」
 「今度は毎日更新頑張るよ!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OGP熊本レポート2 孤軍奮闘編

Makoto「…………………………………」

Shun「えぇ…と、そのですね」

M「………………………………………………」

S「やはり半月以上更新を止めたのはマズかったでしょうか?」
 「いえ、あの私といたしましても決して止めようと思って止めたのではなく…ですね」
 「ほら、あの、いつもより真面目に日本選手権のデッキを調整していたとか」
 「季節の変わり目で風邪を引いて寝込んでいたとか…色々ありまして」
 「……あの……その……なんでしょうその振りかぶられた鉄球は…(涙目」

M「(無言で振り下ろす)」

 ゴスッ!!

M「それでは遅れましたがOGP熊本のレポートをどうぞ…」

S「熊本で…Shunは…何…を…見た…のか……!」


バスは無事熊本に到着し、九州の首領<ドン>i-keyさんとも合流し、一路会場を目指す我々を待っていたのは…。
すでに列をなし今や遅しと対決の時を待ちわびるディメンション・ゼロプレイヤーの姿だった!
その数なんと61人!!

言っちゃうとなんだが、ここは九州…しかも大都市福岡ではなく、一地方都市の熊本に60人を超える人間が集まると言うのは、実はすごいことだ。
もちろん、長距離の遠征をかました我々のような馬鹿もいるんだろうけど、それ以上に九州各地から集まったメンバーが目を引く。
これもやはり首領<ドン>i-keyさんの努力の結果なのかと思うと、人ごとながらちょっと嬉しい。

我々の方は牧場主ターパン、愛の戦士タカハシと合流に成功。
新潟から遠征のターパンはデッキを調整する暇がなかったらしく、デッキを貸してくれと言う。
デッキだけは普段から無駄に持っている自分。
「OK、何がいい?」と軽く聞くと。

 

 「あ、じゃあ、この青緑で!」

 

 「……あの…それ今日使う予定のデッキなんですけど……(汗」

 

さて…これで本戦用のデッキがなくなっちゃったわけだが。
仕方が無いのでデッキケースの中を見てみる赤黒ウィニー、青黒ヘルジャッカル、青単ウィニー、黒白幽霊屋敷、赤白ブルマ、青黒流氷。
……うーん、なんか違うなぁ……もっとこう他に…。

 

……ん?これは……。

 

緑単メロンビート。

 

……ん?これじゃね?
元々の本命デッキはもうないんだし、このデッキで妖精竜ビターメロンや妖精竜ドラゴンフルーツ出して、対戦相手に「ちょ、ちょっとテキストよろしいですか?」と言わせるのも一興だろう。
と、言うわけで緑単に決定。
ウィニーやビートが厳しいと評判のOGPで果たしてどこまでいけるのか?

 

 

1回戦 赤黒ドール屋敷
1戦目
相手のデッキは赤黒。
序盤に屋敷のパーツを出されて屋敷デッキと判明。
でも、サイレント・ナイトがないなら屋敷2回起動はないので安心して呼び声から象砲手バルカン、妖精竜ビターメロンとパワ−6000以上のカードを並べていく。
相手は赤黒なので除去は豊富で、次々とこちらのユニットは除去されていくが、最終的にはこちらの数が勝って勝ち!

 

2戦目
ほぼ1戦目と同じ展開。
パワー6000以上が並ぶとそら屋敷は辛いわな。
ガリガリ押し込んで勝ち!

6/6

 

2回戦 黒白幽霊屋敷
1戦目

また屋敷…しかも今度は黒白。
確か九州は屋敷少ないとか言ってませんでしたか?てっぺー君?

サイレント・ナイトで屋敷2回起動されるとまず勝ち目がなくなるので、序盤からパワ−6000以上で押しまくる!
そのプレッシャーで相手がこちらのターン中にサイレント・ナイトを使ってくれるのに期待。
これで相手がこちらのターンに屋敷を使ってくれたのが大きかった。
そのまま数で押し切って勝ち!

 

2戦目
展開的には1戦目と同じ。
さすがに今度は相手にネタが割れてるために苦戦。
それでも、相手のプレイミスもあって勝ちを拾う。

6/12

 

3回戦 青緑ティアー
1戦目
この時点で全勝者は自分と相手のみ。
おぃおぃおぃ…トップ卓なんて始めてDETH YO!

微妙に立ち上がりがよろしくない…と思ったらそれは相手も同じらしい。
まったくエネルギーブースト出来ない相手を尻目にプランから見えた小さくて大きな力を使って一気に展開する。
呼び声、妖魔の勇者、斑竜城メガロ、タマゴ・ドリアード×2並べてジワジワ殴る!
まあ、さすがにここまで揃えたら負けんわなぁ…勝ち。

 

2戦目
あんまり記憶にない…。
とりあえず勝った…とだけ。
1ヶ月以上前の記憶なんてそんなもんだ。

6/18

 

4回戦 青緑ティアー
1戦目
まさかまさかの2戦連続トップ卓。
先生!僕お腹一杯です!
その姿は公式レポートの会場全体写真を参照のこと。
一番手前のブルーのアロハが自分だ!

こちら先攻で大巨人クレーター・メーカー投下スタートを決めるものの、相手もものすごい勢いでエネルギーブーストを決めエネルギーを回復する。
そうなると相手の妖魔の勇者を除去する手段を持たないこっちの分が悪い。
しばらくはお互いの妖魔の勇者による睨み合いが続くものの、徐々に形勢が悪くなり始め最後は押し切られて負け。

 

2戦目
今度もこちらが先攻スタート。
サイドから投入した青のカードを要所で使い一進一退の攻防。
中央ラインに出された海洋到達不能極が痛いが、相手がこちらのカードをバウンスしてフルタップでターン終了。
こちらの場には象砲手バルカンと妖魔の勇者。
相手の場には妖魔の勇者。
相手にはスマッシュを3点当てているので、バルカンと勇者が奥まで走ればこちらの勝ち…しかし海洋到達不能極のお蔭でエネルギーが足りない。
仕方が無いので持久戦を覚悟してドローしたタマゴ・ドリアードを手札にキープしてこちらのターンを開始…した瞬間。

 

ジャッジ「時間切れでーす。次の相手ターンで終了して下さい!

 

……え(゜Д、゜)?

 

そして、捲れたプランは小さくて大きな力。
エネルギーを数える……1エネルギー足りない。

 

なんでエネルギーセットしなかったんだよぉぉぉぉ!

 

言い訳するとまったく時間に関してのコールが聞こえなかった。
自分の位置から時計が見難かった等の理由があって時間切れが迫っていることに気がつかなかった…。
時間がないならエネルギーセットして小さくて大きな力探しにいったよぅ。

結局このまま勝負はつかず引き分け。

1/19

 

5回戦 青黒白流氷

相手は九州の防人てっぺー君。
対戦前に相手かID(意図的な引き分け)の申し出を受ける。
正直、勝負してもよかったんだけど、夜行バスの疲れで限界が近かったので承諾。

3/22

 

6回戦 青白グラシア
1戦目
序盤からいい感じで展開して、軽快にスマッシュを決めて行く。
しかし、相手の場に機械竜ドルチェが出た辺りで盤面が相手に傾く。
なんですかね、あの針の上にいる9500対象にならない怪生物は…(汗
とりあえず妖魔の勇者で動きを止めようとしたら、相手の手札から飛んでくる対決……ですよねー!

そして、さらにどうしようもない生物が…。
そう!奴の名はエビエージェント!

シュレディンガーの猫でこちらの除去を躱しながらこちらのユニットを手札に戻して行くアイツがどうにもならない。
そのままフルボッコされて負ける。

 

2戦目
分かってたさ…アイツが出たら勝てないのは分かってたさ!
丸い目をして縄梯子にぶら下がる…アイツの名はエビエージェント。

なんか、折角闘気を使ったデッキなんだから、ロイヤルデューティーくらい積めば良かったよなー的なことを考えているうちに撲殺されました。

0/22


Shun「そんなわけで、結局は22点で10位といつもの成績に落ち着きました」

Makoto「(チッ…もう復活したか…)」

S「あ、あの…Makotoさん今何か物騒な一言が…(汗」

M「いえいえ、それでも10位って中々の順位じゃないですか?」

S「んー、でも60人規模の大会なんで、これを通常のGP(300人規模)に直すと50位くらいのポイントなんで、実はいつも成績とあんまり変わんないんだよね」

M「あ、本当ですね」
 「では、次の日本選手権ではこれを超えていただくということでw」

S「w…ってそんな簡単に言うけどさぁ…」

M「だって、レポート放ったらかしてデッキ作ってたんですから!」
 「大丈夫ですよね!!」

S「…………はい…………」


ps:この後レポートの3で大会後の動きとか書こうと思ってたんですが、さすがに時期を外しまくったんで書くのやめるかもしれません。

  それよりも日本選手権前用の記事を書けたらなぁ…と思うのですが。

  それ以前に本戦デッキが決まらない現状だとそれもまた夢…かも?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

レポートの途中ですがニュースです

 OGP熊本レポートの途中だが、ちょっと個人的に無視できない情報が入ったのでお知らせしたい。

 皆様は日本選手権のサイドイベント「ジャッジメントバトル」をご存知だろうか?
 参加者全体を2つのチームに分け、相手チームと得点を奪い合うアレだ。
 そして、その勝利チームには「ディメンション・ゼロの未来を決める決議投票権」が与えられる。
 だが、その「ディメンション・ゼロの未来を決める決議投票」…その内容はまったく公開されてこなかった。

 

 その内容が今日発表された。
 驚愕のその内容とは……。

 

 以下、公式HPより転載。

 

<決議内容一部公開!>

「ディメンション・ゼロの未来を決める決議投票権」で決めることのできることを一部大公開します。
もちろん、ここに書かれていることがすべてではありません。
他にも多くの未来を決定することができます。

・再録カード決定権
 「ノヴァ・コマンド」VS「全軍突撃」など2択に投票して、決まったカードは必ず再録されます。
 貴方の手でレジェンド・カードにならず環境に留まるカードを決めるチャンスです。

・ストーリーで活躍するキャラクター決定権
 「ボンガ・ボンガ」VS「ギムレット」などどちらも捨てがたい人気キャラクターのうち、どちらをストーリーで活躍させるかを決めることができます。
 貴方の愛するキャラクターを活躍させるチャンスです。

また、負けてしまったチームの人にもチャンスがあります。
投票のうちいくつかは、負けたチームの人だけが投票できます。
もちろん勝ったチームの人の方がより多くのことを決めることができますが、負けたチームの人にもチャンスがあります。
参加さえしていれば、ディメンション・ゼロの未来を決めることに参加できるのです。


 

 読んで頂けただろうか…。
 重要なのは赤字の部分だ。

 

 「ボンガ・ボンガ」VS「ギムレット」などどちらも捨てがたい人気キャラクターのうち、どちらをストーリーで活躍させるかを決めることができます。

 

 「ボンガ・ボンガ」VS「ギムレット」などどちらも捨てがたい人気キャラクターのうち、どちらをストーリーで活躍させるかを決めることができます。

 

 「ボンガ・ボンガ」VS「ギムレット」などどちらも捨てがたい人気キャラクターのうち、どちらをストーリーで活躍させるかを決めることができます。


 

 これはどう見てもギムレット好きで知られるオーガ店長とのガチバトル。
 

 正直な話、決勝ラウンドとか目指してる場合じゃない!!
 

 ジャッジメントバトル…こいつは面白くなりそうだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

OGP熊本レポート1 友情遠征編

 ディメンション・ゼロを始めてからもうすぐ2年。
 いや…ビフォアセンチュリー時代も入れるともう2年になるのかな?

 その間ずっとディメンション・ゼロを続けて来て一番面白いなぁ…と思った事は日本全国津々浦々に友人知人が出来たことだ。
 地元大阪はもちろんのこと北は北海道、南は九州熊本まで全国各地に友人が点在してる。
 それって実はすごいことだ。
 年齢も違えば、職業も違う…こんな人間同士が接点を持つ事なんて普通はありえない。
 共通点はディメンション・ゼロというカードゲーム唯一つ。

 

 そんなディメンション・ゼロ仲間の一人であるi-keyさん
 ディメンション・ゼロ創世記からジャッジとして、イベンターとして九州を引っ張って来たまさに九州の首領<ドン>。
 そのi-keyさんの地元熊本で開催されるオープングランプリ熊本。
 これは行くしかないでしょー!ってことで遠征を企画。

 

 最初は一人で行くつもりだったんだけど、やっぱりと言うか当然というか「OGP熊本?そ、そんな餌に釣られクマァァァ!」と言いながら釣られる旅の道連れこと書庫管理人モリエル
 彼もまたディメンション・ゼロを通じて知り合った仲間の一人。
 もう一人の道連れ3代目赤王ペペは所用で欠席したため、この二人が関西から遠征することになる。
 まあ、大阪から熊本って遠いからこんな馬鹿に付き合ってくれる人間が一人いるだけでも貴重なことだ。
 持つべきものは素敵な馬鹿であるw

 

 熊本って意外と遠いんで、さすがに関東方面からの遠征はないと思ってたら、さすがさすが牧場主ターパン愛の戦士タカハシは参加するらしい。
 しかも、翌日には東京にとんぼ返りして池袋オーガの種族限定戦に参加するというのだから恐れ入る。
 自分としてはさすがにそんな動きは出来ないので、熊本に一泊して翌日にのんびり観光して帰宅する道を選択。
 行きのバスだけ手配して、帰りの交通手段を確保しないといういつもどおりの行き当たりばったり旅行だ。

 

 

 そして、当日。
 梅田パブリックで軽く調整してからバスに乗り込むShunとモリエル。
 早速、ビールで乾杯……。

 どう見てもやってることが親父です…本当にありがとうございました!!

 いいんです…我々は酒好きでございますので。
 出発からすでにダメさ加減の漂うこの遠征…果たしてその結果は如何に?



<次回予告>
 いよいよ、やってきたOGP熊本。
 Shunも持参した青緑デッキで参戦を決意する。

 だが、そこにターパンから無情の一言が。

 「……Shunさん、そのデッキ貸してくれろ?

 まさかのデッキ強奪。
 デッキを失ったShunは果たしてどう戦うのか!

 次回、OGP熊本レポート2 孤軍奮闘編。

 君はShunの涙を見る……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »