« 緑白 ドラゴンマーチ | トップページ | 日本選手権2007大会レポート 後編 »

日本選手権2007大会レポート 前編

 ついに来た!全国のディメンション・ゼロプレイヤーの1年の総決算!!
 その名も日本選手権2007!

 夜中までサードセンチュリー対応デッキを組んでいたら寝過ごしかけたり、新幹線内でデッキシートを記入する自分を見る生暖かい視線にも山手線が途中で止まることにも負けずに無事会場に到着!
 デッキシートを速攻で提出し、1回戦開始まで挨拶回り。
 しかし、この段階で睡眠時間は1時間という限界っぷり。
 「シンドイ、眠い、ドロップしたい」というダメ発言をかまして周囲に「いいから出ろ!」と怒られる。
 果たしてこんな男に未来はあるのか?

 

1回戦
A:赤単
いきなりの同系対決w
相手は呼び声入りのオーソドックスな構築。

2ターン目に出したウンバ・ウンバを皮切りに順調にユニットを展開していく。
プランから爆砕の魔炎バーンが都合よく見えたので展開…それも2体w
もちろん赤1残していつでもノヴァ・コマンドを打てる状況を維持すのは忘れない。
そのままジワジワと押して、相手の残りエネが1になった瞬間に前を塞いだユニットをノヴァ・コマンドで除去して爆砕の魔炎バーンが突っ込んで勝ち。

 
B:黒単ビート

呼び声→ハウス・オブ・ヘルという流れの前に『絶望』の2文字が見える。

しかし、相手は攻めるより展開を重視した動きを取る。
その隙に犬闘士チワワ→妖魔の勇者×2を立て続けに展開。
妖魔の勇者2枚をそれぞれ右と左のライン上に出したため相手のヘルが中央ライン&エリアでチクチク殴ってくる。
そこで妖魔の勇者×をそれぞれ中央エリアに前進させてヘルに老衰遺伝子!
ヘルを呼び声に変えて一気に6エネルギー縛ることに成功する。
そしてチワワが呼び声を踏んで中央エリアを完全に制圧する。

相手も負けじと妖魔の勇者の前にいたもう1体のヘルで妖魔の勇者とチワワを踏んで逆転に賭ける。
こちらも負けじと妖魔の勇者が相手エリアに残っていたユニットを踏み、プランを見ると出て来たのは妖精竜スターフルーツ。
相手の手札が0で、残り山札が11枚だったのでヘルの能力起動はなかろうとスターフルーツを出して自軍エリアを妖精竜スターフルーツで埋める。
これが失敗の元だった…次のターンにプランから真夜中のダンスパーティーが見えて最後の2スマをヘルに決められ負け…。
スターフルーツはヘルに投げるべきだった…。

3点/3点

 

対戦中は分かりませんでしたが、対戦後に相手がブラックフリークdeadman氏と判明。
最後の神プランの由縁を知るw

 

2回戦
A:赤単
2戦続けて同じ色対決w
なんでだよw

初手にノヴァ・コマンドがないちょっと不安な立ち上がり。
初手に逆鱗のコルブスと闘神ゴリョウがあったので、少し考えて2ターン目にコルブスを場に出す。
そして、3ターン目に3エネ残して優先権放棄すると相手の手札から闘神キンキが……。

出すカード間違えたー!

闘神ゴリョウを出しておけば踏みにいけたのにーー!
そして、手札にはノヴァ・コマンドはなし…(汗
仕方が無いので『秘技・ノヴァコマ持ってますよプレイ』を敢行(要は常に赤1エネ残すプレイ)。
これで相手の動きが止まった。
しばらくの間いつ突っ込んでくるのはヒヤヒヤしながらプレイ。
やっとこさ見えたステルス・スナイパーで闘神キンキを除去してからはこっちのペース。
乱舞のアウリガも使ってブンブンモード!
そのまま押し切って勝ち!!

 
B:ライオン

相手のエネルギーが青と白だったのでグラシアだと思ってたら、途中からどうもライオンデッキっぽいと判明。
しかも微妙にデッキの回りが噛み合ってないっぽかったので、妖精竜スターフルーツから一気に展開して押し切り勝ち!

6点/9点

 
3回戦

A:緑単
こちら先攻だが初手が最悪。
ノヴァ・コマンドこそ握れていれるものの、2コストユニットが熱砂パヴォしかない…(汗

仕方が無いので2ターン目にパヴォを出して、3ターン目プラン…2コスト見えない…(泣
そして4ターン目、プラン…2コスト見えない…(大泣
結局、5ターン目にやっとブロンズキッド・ドラゴンが見えた頃には相手の場にはタマゴ・ドリアードと象砲手バルカンが。

無理かな?と思ったターン。
ブロンズキッド・ドラゴンのライン上にいた象砲手バルカンがいきなり前進→前進→スタックヒメコガネ・ドリアードと繋げてくる。
明らかなガン・ドリアード狙いのプレイだが、そこはバグ・キャッスルでブロンズキッド・ドラゴンをリリースさせノヴァ・コマンドで対処。
相手は残った2エネでタマゴ・ドリアードを前進させスマッシュ。
これでタマゴ・ドリアードは7500。
だが、こちらには神のカード全軍突撃が!
ブロンズキッド・ドラゴンがヒメコガネ・ドリアード経由でタマゴ・ドリアードを踏んで場を一掃し、スマッシュ。

相手は返しのターンでプランから呼び声を展開し、5エネルギー残して優先権放棄。
見え見えの妖魔の勇者狙いのプレイだが、こちらの手札には乱舞のアウリガがあったためあえてその誘いに乗ってみる。
ブロンズキッド・ドラゴンで呼び声を踏みに行くとやはり出てくる妖魔の勇者。
勇者の3エネフリーズにスタックしてその3エネで魔甲バイク餓狼→乱舞のアウリガと展開。
残ったのは赤1とスマッシュ1。
ノヴァ・コマンドが見えればOKとプランを掘ると見えたのはバグ・キャッスル!
これで乱舞のアウリガをリリースしスマッシュ!
このターンに一気に5スマッシュを決めて、スマッシュは計6スマ。
さすがに6スマまで入ってしまうと相手も対処負荷だったか次のターンに投了。

 

B:黒幽霊屋敷
ブル・マスティフが能力を起動出来るところまで持っていけば勝機はあるんだけど…。

序盤からイマイチデッキが噛み合ない。
と、いうかソーラービーム・サテライトが引けない。
結局、サテライトを引けないまま相手に幽霊屋敷を揃えられる。
サテライトでテンポを崩せないとさすがに勝つのは難しい。
クリスタル・パラダイス上に犬闘士ブル・マスティフを出すも、屋敷起動→サイレント・ナイトで除去される。
その返しのターンで妖精竜スターフルーツを引ければ…と思ったが引けず…。
そのまま蹂躙されて負け。

3点/12点
 
 
 
この段階で12点。
 なんというか可もなく不可もなくでドロップするか激しく迷うも、やっぱり周囲に怒られて引き続き参戦。
 そして、そこで運命の漢と出会うことになる…。

 後編へ続く。

|

« 緑白 ドラゴンマーチ | トップページ | 日本選手権2007大会レポート 後編 »

大会&イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権2007大会レポート 前編:

« 緑白 ドラゴンマーチ | トップページ | 日本選手権2007大会レポート 後編 »