« 黒赤プラント | トップページ | 赤青灼熱王 »

赤黒ドールプラント

ユニット<24>

エックスデイ・ドラゴン*3


華麗なる人形遣いコルヴィッツ*3
つき纏う人形エイミー*3
切りつける人形ノエル*3

赤黒
鬼哭神機ダ・ヴィシュ*3
鬼哭神機ジーゲリュオン*3
鬼哭神機ギルタブ*3
鬼哭神機ダイディーヴァ*3

ストラテジー<9>

鮮血の誓い*3
真夜中のダンスパーティー*3
秘められた勅命*3

ベース<7>

古代兵器発掘場*1


骨肉加工場*3
廃棄物処理場*3

 

<解説>
 さて、前回に引き続き今回も赤黒のプラントデッキです。
 ただし、こちらは使っているプラントベースは同じでも中身は大きく異なります。
 こちらのデッキは華麗なる人形遣いコルヴィッツは中心にしたドールデッキです。

 

 元々は背炎の陣をメインにして、華麗なる人形遣いコルヴィッツの能力を1ターンに複数回起動しよう!がコンセプトだったんですが。
 残念ながら華麗なる人形コルヴィッツ自体のパワーが低く、折角場に出してもすぐにやられてしまいがちでした。
 さらに、背炎の陣の効果で複数回起動しようとしても、すぐにバトルスペースがいっぱいになって使いにくいという欠点もあり背炎の陣型を放棄。
 代わって浮上したのが、元々やられやすい華麗なる人形遣いコルヴィッツを守るベースを投入したプラント型でした。

 デッキに投入されているドールは華麗なる人形遣いコルヴィッツの能力で場に出してアドバンテージが取れるように、全体的に大きめのユニットが採用されています。
 ですが、ユニットが大きいということは、早いデッキに対して脆いということ。
 それをこのデッキではエックスデイ・ドラゴンを採用することで補っています。

 相手が早いデッキの場合は切りつける人形ノエルや、鬼哭神機ダイディーヴァ、秘められた勅命で時間を稼ぎつつエックスデイ・ドラゴンで盤面を一掃。
 その後、華麗なる人形遣いコルヴィッツで場を制圧していきます。
 相手が遅いデッキの場合はプラントベースを置くことを最優先にして、その後華麗なる人形遣いコルヴィッツで場を制圧してけばよいでしょう。

 

 個別のカード説明ですが。
 つき纏う人形エイミーは単純に融解戦鬼灼熱王対策です。
 元々プラントで大幅にパワーが上昇するこのデッキ。
 さらにこのつき纏う人形エイミーまでいれば、いくら融解戦鬼灼熱王がパワーを上げてきても防ぐことが出来るでしょう。

 鬼哭神機ジーゲリュオンは一見すると「え?」というカードですが、このデッキなら全然ありです。
 今のユニットがやや小振りの環境ではパワー8500というのはそれだけで十分勝負を決めることの出来る大きさですし、墓地に置かれる時にエネルギーを破棄してしまうデメリット効果も真夜中のダンスパーティーで防ぐことができます。
 最近は融解戦鬼灼熱王のお蔭でデッキにこれらのカードを入れても無駄になることが少ないので、デッキにも投入しやすいです。
 ナイトベアでも良いのでは?と思うかもしれませんが、あれは種族ドールとはいえ、華麗なる人形遣いコルヴィッツの能力で場に出してもメリットが何もないので真夜中のダンスパーティーでも問題ないと判断しました。

 鮮血の誓い&秘められた勅命は、このデッキの苦手な早いデッキへの耐性を与えつつ他のデッキ相手でも腐りにくいカードを探していきついたカードです。
 微妙かなぁ…と思って採用したのですが、意外や意外結構役に立ってます。
 失恋の痛みや毒蛇のひと噛みなども入れてみたいので、順次試していくとします。

|

« 黒赤プラント | トップページ | 赤青灼熱王 »

デッキ」カテゴリの記事

コメント

お久です。
黒の連動は、単体でもおいしい物が多いですよね~
僕もこの二枚は気に入って、発売してからずっと使ってたりします。

不安要素が増えますが、サラスヴァーティン結合とか入れるのも一興…でしょうか。

投稿: Rwynn | 2009年4月11日 (土) 18時50分

>Rwynnさん
サラスヴァーティン結合は最初に試したんですが、微妙にサイズが足りない。
場合によっては自分のユニットがダメージを受ける。
骨肉加工場でパワーが上がらない等の理由で採用を見送ってしまったんですよね…。

でも、好きなカードではあるので新弾出る度にリベンジしようとは思います。

投稿: Shun | 2009年4月13日 (月) 01時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤黒ドールプラント:

« 黒赤プラント | トップページ | 赤青灼熱王 »