« 白単 アレキビート2 | トップページ | 緑単タッチ獅子 エネ破壊スタフル »

ジャッジファイナルレポート

 遅くなりましたが、先日参加したジャッジファイナルのレポートでも。
 

 最初は見てるつもりだったけど、定員8名のところに7名参加で枠が余ったのでジャッジに誘われて参加することに。
 デッキは赤黒プラントドールと白単アレキビートのどちらにするか悩んだ挙句に白単アレキビートに決定。

●1回戦 赤黒プラント
 最近流行の青黒プラント。
 相手のデッキは青の部分を赤に変えたver。
 ドローが弱くなった代わりに一撃必殺力が上がっているのが怖い。

 序盤はお互いエネルギーをセットしながらベースを展開するゆったりとした立ち上がり。
 こちらはソーラービーム・サテライトをひたすら展開して相手のプラントをパリパリ割っていく。
 そこから聖王アレキサンダーに繋いで制圧モードに移行。
 ユニット除去を異界のサキュバスやプラントパンプによるユニット投下に頼っている相手はこの聖王アレキサンダーの除去に手間取る。
 こちらはその隙にさらにもう1体の聖王アレキサンダーを戦線に追加。
 ベース回収要員の突貫工リリアに共同作業を結合してさらに盤面を制圧にかかります。
 相手もこちらのソーラービーム・サテライト起動にスタックでプラントを複数枚配置し、異界のサキュバスでこちらの聖王アレキサンダーを1体除去します。
 が、そこで勝負あり…もう1体の聖王アレキサンダーが最後のスマッシュを叩き込みました。

●2回戦 青黒プラント
 今度は赤ではなく青のプラントデッキ。

 展開はほぼ1回戦のリプレイ。
 相手のベースを出てくる端から割る割る割る。
 ある程度割ったところで必殺の聖王アレキサンダー先生降臨!
 さらに共同作業を聖王アレキサンダーに結合して準備万端。
 そのまま盤面押して圧殺して勝ち。

●3回戦 青赤黒灼熱王
 さすがに灼熱王は無理かなー?と思いました。
 何より黒絡んでるので間違いなく入ってるであろうザ・ハーブスが辛い。
 サウンドマスター・エンジェルに一縷の望みを賭けて勝負!

 初手にブラッディ・マリーがあったのでひたすらハンデスが無いことを祈りながらのスタート。
 なんとか4ターン目にブラッディ・マリーをプレイ。
 返しの5ターン目でプラン→散り逝くバラで必勝態勢に。
 さらに聖王アレキサンダーを追加してゴリ押します。
 相手は道連れの廃屋→ザ・ハーブスでブラッディ・マリーの排除を狙ってきますが、トップドローで引いていたサウンドマスター・エンジェルのお蔭で盤面を維持し続け、そのまま押し切って勝ち。

●結果
 なんとまさかまさかの白単で予選突破!
 苦手の赤緑ラッパを踏まなかったこともありますが、それでも白単がここまでやれる子だとは思いませんでした。
 特に聖王アレキサンダーの盤面制圧力は異常。
 正直、このカードのパワーだけで勝ったと言っても過言ではないです。
 白単若しくはそれに準ずるデッキ以外では使いにくいカードではありますが、それに見合ったスペックを持つカードなので、これからも調整を続けつつ使っていきたいですね。

 

 さて…これでディメンションゼロとモンスターコレクション両方の日本選手権の権利を獲得したわけですが、この2つは同日同会場での開催なんですよねぇ。

 ぶっちゃけどちらか1つしか出られないとか、おのれブロッコリー!なんという陰謀!

 どっちに出るかはきっと当日まで悩むんでしょうね…。

|

« 白単 アレキビート2 | トップページ | 緑単タッチ獅子 エネ破壊スタフル »

大会&イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャッジファイナルレポート:

« 白単 アレキビート2 | トップページ | 緑単タッチ獅子 エネ破壊スタフル »