« ジャッジファイナルレポート | トップページ | ツアートライアル関西レポート »

緑単タッチ獅子 エネ破壊スタフル

ユニット<18>

妖精竜スターフルーツ*3
大巨人ウートガルザ・ロキ*3
大巨人マーズ・イーター*3
鰭竜城プレシオ*3
悪戯するフェアリー*3


戦場を駆ける獅子*3

ストラテジー<9>

ジュニアの悪戯*3
幸せはすぐ近くにある*3
魔光合成*3

ベース<13>

再誕する迷宮*3
深緑の納骨堂*3
枯れ果てた大樹*3
底なしの大地*3
精霊の迷い家*1

 

<解説>
 ツアートライアル関西使用デッキ。

 デッキの動きとしてはとしては1ターン目の枯れ果てた大樹から悪戯するフェアリー→ジュニアの悪戯と決め。
 そこから大巨人マーズ・イーターへ繋ぎます。
 で、そのエネルギー差のまま押し切るのが基本になります。
 が、毎回毎回そう都合よく回るわけではありませんので、他の勝ち筋も投入してあります。

 もう一つの勝ち筋、それが妖精竜スターフルーツによる大型展開です。
 エネルギーブーストから大巨人ウートガルザ・ロキ→中央投下。
 効果でエネルギーから妖精竜スターフルーツを釣ってきます。
 相手がビートダウン系のデッキの場合、大巨人ウートガルザ・ロキは迎撃手段としても使えますし、妖精竜スターフルーツの効果で場に出た戦場を駆ける獅子は相手が動けないターン終了時のタイミングでその能力を存分に発揮してくれるでしょう。
 相手が赤緑ラッパビートの様なデッキの場合はこれがほぼ唯一の勝ち手段になります。

 さらに各種灼熱王や青黒プラントの様なこちらのユニットサイズを上回るデッキを相手にした時に強いのは鰭竜城プレシオ。
 一見すると冗談の様に聞こえますが、このデッキだと存外簡単に鰭竜城プレシオ合成は成功します。
 手札に来てしまっても、幸せはすぐ近くにあるがあるので問題はないでしょう。
 これで+3000と加速を与えてやれば例え融解戦鬼灼熱王や骨肉加工場ラインのユニットといえども物の数ではありません。
 尋常ではない大きさのユニットの群れで押し切ってしまいましょう。

 昔は非常によく見かけた妖精竜スターフルーツ。
 最近ではめっきり見なくなりましたが、だからこそ実際に使った時の強さは半端ではありません。

 現在の環境では赤緑ラッパ、各種灼熱王、青黒プラントでメタゲームの大半が形成されていますが、まだまだ日の目を見ていない強力カードは山ほどあります。
 それらを探すのもまたディメンションゼロの楽しみの一つではないでしょうか?

 …まあ、とかなんとか言っても単に自分が妖精竜スターフルーツ好きなだけなんですけどねw

|

« ジャッジファイナルレポート | トップページ | ツアートライアル関西レポート »

デッキ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑単タッチ獅子 エネ破壊スタフル:

« ジャッジファイナルレポート | トップページ | ツアートライアル関西レポート »